関連ページ  : 用語集 | 俗語集 | 元ネタ・由来
ゲーム内の仏たちや用語の元ネタや、由来になっていると思われるものの解説ページです。


左のサイト内検索、並びにCtrl+Fでのページ内検索を活用してください。

あ行 Edit

か行 Edit

さ行 Edit

十二神将(じゅうにしんしょう)
仏教の信仰・造像の対象である天部の神々で、また護法善神である。
薬師如来の周囲十二方位を守護し、従事する武将たちの事で、別名『薬師十二神将』・『十二夜叉神将』・『十二神明王』・『昼夜十二の護法神』とも呼ばれる。その関係から時間と関連の強い十二支とその獣に関連づけられているが、解釈によって当てはまる十二支の順序が逆になっている事もある。中には後から十二支を当てたともあり、どちらが正しいかについては解釈する側に委ねられている。
別名の『十二夜叉神将』の夜叉とは悪魔のこと。故に、悪鬼、或いは恐ろしい形相の天衣(てんね)甲冑をつけた武将(武者)の姿で描かれる。
また、十二神将にはそれぞれ本地(化身前の本来の姿)の如来・菩薩・明王がある。各神将がそれぞれ7千、総計8万4千の眷属夜叉を率い、それは人間の持つ煩悩の数に対応しているという。
「子神」「辰神」のように「十二支+神」という形式で呼ばれる場合もあるが、十二という数字は十二支と言うより、薬師如来の大願の数(十二の大願)に因んでいるとも言われているため、十二支との組み合わせの確定は出来ない。(迷企羅大将でも、酉であったり寅であったり、巳だったり辰だったりと定まっていない上に、名まで違っていたりする)
    ・十二神将の呼び名は、経典によって若干用字や読みが異なり、新薬師寺にある塑像の十二神将像がよく知られる。
     最も一般的な十二神将の読み方は、この新薬師寺の像を参考にしている。
     ただし、早い時代に日本で作られた十二神将像は、不空訳の「薬師如来念誦儀軌(ねんじゅぎき)」に忠実で干支とは特に関係は無い。
なお、陰陽道における『十二神将』は彼らとは別の存在である。あちらは正しくは十二天将と言い、昨今の創作物では混同しがちだが、まったく別物なので混乱しないようにしよう。
十二の大願(じゅうにのだいがん)
十二大願(じゅうにだいがん)、12の誓願、十二誓願とも言う。
薬師如来が仏に成る前の菩薩であった時にたてた誓いで、悟りを得たときには一切の衆生を救済すると誓った内容のこと。
+ クリックで十二の大願一覧を開きます

た行 Edit

な行 Edit

は行 Edit

ま行 Edit

や行 Edit

ら行 Edit

わ行 Edit

英字 Edit

数字・記号 Edit

コメント Edit

用語を情報提供していただけますと幸いです。


コメントはありません。 コメント/元ネタ・由来?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-26 (水) 02:05:14